エステで脱毛できない人

エステで脱毛できない人

脱毛エステは美容や健康に深く関わっています。そのため、人によっては脱毛施術が受けられないこともありえるのです。それでは、体がどのような状態だと脱毛エステが受けられないのでしょうか。

日焼けはNG

エステサロンで脱毛施術を断られるケースで一番多いのが、日焼けの問題です。
これは現在主流の脱毛方法であるフラッシュ脱毛の性質によるものです。
フラッシュ脱毛で照射する特殊な光は、黒いメラニン色素に反応して効果を発揮します。
これによってムダ毛のみをやっつけ、肌にはダメージを与えないのです。
日焼けした肌はメラニン色素を含む状態です。
ここに光を当てれば当然ダメージがあり、火傷などのトラブルを引き起こしてしまうでしょう。
日焼けが回復するのを待ったほうが無難です。
肌を痛めない程度の光量に調整しても、今度は脱毛効果が得られません。

妊娠中や生理中

エステを受ける際は服を着替えるので妊娠中や生理のときに積極的にエステサロンに行こうとする人はあまりいないかもしれません。
しかし、念のため説明するのであればこれらの状態で脱毛施術を受けることはNGです。
その理由はホルモンバランスにあります。
ホルモンバランスが崩れる妊娠中や生理中は毛深くなることが多く脱毛効果は得られません。
また、肌が弱く荒れやすくなるので炎症などのトラブルも考えられます。
もしエステを予約した日が生理日とかぶってしまうようであればすぐにサロンに連絡し、日程を変えてもらうことが必要です。

体調が悪いとき

体調や肌に不調があるときには、脱毛施術は避けましょう。
肌に起こっているトラブルはもちろんですが、一見お肌の状態とは関係のない病気にかかっていても肌の免疫は低下しているものです。
刺激に弱くなっているので、通常より痛みが大きくなったりダメージを受けやすくなってしまいます。
具合が悪いときはエステ予約日を変えてもらうことが必要です。
また、持病や常時服用している薬がある人は必ず医師と相談し、事前に承諾の書類を受け取りましょう。
この確認がないと、施術を断られてしまうのです。
基本的にずっと脱毛ができない人というのはほとんどいないことがご理解いただけたかと思います。